塾と家庭教師先生はどう違う?

塾の先生と家庭教師の違い

 

 

塾の先生と家庭教師はどのような違いがあるのでしょうか?

家庭教師の先生選び

 

いろいろな項目に分けて比べてみたいと思います。

 

まずは集団形式の塾の先生の特徴

 

 

集団形式の塾の先生といってもいろいろいます。

家庭教師の先生選び

 

基本的に個人経営の塾の先生はベテランが多く経験が豊富です。

 

まあ自分で開業してやっているのですから当然ですが。

 

 

あと大手の集団塾というのは、比較的若い先生(20代から30代)が多く、ベテランの先生というのはまれです。

 

 

もちろん集団形式では先生の変更はできませんので、先生と合わないとなったら塾を続けていくのはちょっと難しいでしょう

 

そのリスクは大きくなります。

 

 

個別指導形式の塾の先生

 

 

個別指導の先生はほとんどが学生の先生か主婦などのアルバイトです。

家庭教師の先生選び

 

経験は浅いと言わざるを得ないでしょう。

 

 

ただし経験が浅いアルバイトの先生にもいい面があります。

 

子どもとの年齢が近いことです。

 

 

お兄さん・お姉さんのような年齢の先生に教えてもらうことは

 

子どもにとっては親しみやすく、話もしやすいので勉強の成果が上がることもよくあります。

 

 

その反面、なれ合いになりやすく、おしゃべりばっかりしているなんてことにもなりやすいので注意が必要です。

 

 

 

そしてもう一つ個別指導で重要なのが教室長の先生です。

 

各教室の教室長のみが正社員で学生のアルバイトやパートの主婦などをフォローしていることがほとんどです。

 

個別指導で成績が上がるかどうかは担当の先生と教室長の先生の両方にかかっています。

 

体験などができる場合はその両方をしっかり見て決めることが必要になります。

 

 

もし体験ができないとなると、実際に入ってみての運任せとなってしまいます。

 

 

家庭教師の先生

 

 

家庭教師の先生選び

家庭教師の先生は経験や年齢など様々です。

 

長年プロでやっている先生もいますし、学生の先生もいます。

 

それによって金額も変わってきますので家庭教師を選ぶのはなかなか難しいです。

 

 

基本的には難しい内容を教えてもらう場合ほどベテランの先生がいいでしょう。

 

学校の試験対策ぐらいであれば、学生の先生でも構わないと思います。

 

受験対策(特に私立中学受験など)はいろいろな知識や経験が必要になるので、普通の学生の先生では対応しきれないことがほとんどです。

 

 

塾と併用する場合は問題ないことも多いですが、特に家庭教師のみで対策しようという場合は専門のベテランの先生を選ぶ必要があるでしょう。

 

 

そこをマッチングしてくれるのが家庭教師派遣会社なので、派遣会社選びも重要になります

 

まとめ

 

 

まとめ

 

集団塾の先生は ベテランが多いが変更ができないの先生との相性が大切

 

個別指導塾の先生は 学生が多いので教室長の先生も重要

 

家庭教師の先生は ベテランも学生もいるので自分に合った先生を選ぶことが必要なので派遣会社選びが大事

 

サイト管理人プロフィール