塾と家庭教師の月謝の相場

塾と家庭教師の授業料の相場

 

 

家庭教師選び

塾や家庭教師を頼むにあたって最も気になるといってもいいのが授業料だと思います。

 

一般的なイメージとしては個別指導や家庭教師は高いというイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか?

 

塾の場合

 

集団塾
塾といっても集団指導と個別指導で大きく違います。

 

受験指導など専門性が上がるにつれて高くなる傾向もありますが

 

中学生の場合で週1回で一か月あたり15000円前後が相場です。

 

週2回くらいは通うのが普通なので平均するとお月謝というのは

 

1か月30000円前後が相場でしょうか。

 

 

個別指導のほうが高いイメージがありますが、実際に保護者の方が負担している金額というのは大きく変わりません。

 

なぜかというと集団指導と個別指導の指導時間が違うからです。

 

集団指導の場合1日90分から2〜3時間勉強するのが普通ですが、個別指導の場合50分から長くて2時間ぐらいと集団指導に比べて短くなる傾向にあります。

 

 

個別指導というのは家庭教師と同じで完全に時間あたりいくらの世界です。

 

だから、個別指導は集団指導の塾と同じ時間(の長さ)で授業を受けようと思うと高くなるので、個別指導の塾の指導時間は予算の都合もあって平均すると短くなります。

 

その分直接聞いたりできるので効率から考えるといい面もあります。

 


家庭教師の場合

 

 

家庭教師の場合

家庭教師の場合は、ものすごくざっくりと言うと

 

月謝=先生のお給料

 

なので、やる内容・時間・先生の能力によってお月謝が大きく変わります。

 

1時間当たり1500円(小学生・受験対策なし)から1万円以上(高校生・難関大医学部など)までピンキリです。

 

 

中学生の平均だと時間当たり2000円から3000円が相場といったところでしょうか。

 

1時間×週2回×4週間で授業を受けるとすると相場は16000円から24000円とイメージほど高くはありません。

 

ただし家庭教師の派遣会社によっては

 

教材費がものすごく高い会社がありますのでご注意ください。

 

高い教材をやたらと売りつけてくる会社というのは塾でも家庭教師でも要注意です。

 

 

野球のグローブや

 

吹奏楽の楽器など

 

 

は高級なものはやっぱりいいんでしょうが

 

 

勉強に関して言うと、高い教材を使ったから勉強ができるようになったという話は聞いたことがありません。

 

教材は安くてもいいものがたくさんあります。

 

 

でも、ただ安ければいいというわけではなく、自分のやりたいことや目標に合った先生や教材をを選ぶことが重要になってきます。

 

そしてそこをうまくマッチングするためには家庭教師を派遣してくれる派遣会社選びが重要です。

 

まとめ

 

 

まとめ

 

家庭教師は塾より高いイメージがありますが、塾も家庭教師も今はそれほど大きく変わりません

 

家庭教師を頼む場合は目的に合わせた適切な先生を選ぶこと、つまりいい派遣会社を選ぶことが重要です。

 

 

サイト管理人プロフィール