家庭教師派遣会社の料金を徹底比較!

家庭教師の料金

 

 

家庭教師の料金といっても細かく分けると実はいろいろな種類があります。

 

@授業料

料金比較

 

A入会金

 

B年会費

 

C教材費

 

Dその他

 

 

の5つに分けられるのではないでしょうか。

 

 

 

@授業料について

 

 

まずは基本となるのが授業料ですが、基本的には時間あたりいくらで決まっているところがほとんどです。

 

 

ただし気を付けなければならないのが

家庭教師料金比較2

 

時間当たりというのが1時間なのか50分なのか30分なのか会社によって違うところです。

 

基本的には1時間あたりという会社が多いのですが、50分や30分という会社もちらほら見受けます。

 

料金を見て「安いな」と思ったら、基本となる時間も必ずチェックしてください。

 

 

あと、どの先生も一律同じ料金設定の派遣会社もありますし、先生によって違う会社もあります。

 

受験コースなどが設定されている場合もありますので自分にとってベストなものを選びたいですね。

 

 

基本的には家庭教師の料金というのは人件費ですのであまりにも安い料金というのは考えものです。

 

当たり前ですが安い料金でいい先生に教えてもらうというのはそう簡単なことではありません。

 

専門的な内容になるほど

 

 

国立・私立中学受験、難関大学受験などのハイレベルなないようになればなるほど、先生にも専門性が要求されます。

 

 

特に中学受験はかなりの専門性が要求されますので授業料も高くなります。

 

というよりは安いはずがありません。

 

 

逆に一般的な定期テスト対策などの場合はそれほど専門性は要求されませんので、安い授業料の大学生の先生で人柄や子供との相性がいい先生を探すほうが得策かもしれません。

 

A入会金B年会費

 

 

AやBについてはよく無料キャンペーンや半額キャンペーンをしている会社があります。

 

割引ができるということは裏を返すと実はそれだけどうでもいいお金だということです。

 

 

何のためのお金なのか実は会社側もわかっていなかったりします。

家庭教師料金比較3

 

あえて言うならば、

 

〇入会金や年会費を払ったらすぐに辞めずらくなるのでその防止策のためにもらうお金。

 

〇無料キャンペーンで割引してお得感を出すためのお金。

 

といったところでしょうか(笑)

 

 

だから割引があるからといっても別にたいしたことではないのです。

 

今時どこでもやっています。

 

 

また逆にやたら高い会社もあったりしますが、こちらもそう考えると怪しいです。

 

 

僕からすれば最初に取れるだけ取っておこうという魂胆なんじゃないのと疑ってしまいますね。

 

C教材費

 

 

教材費についてはこれも様々で全くかからないところから、何十万とするところまでピンからキリまでいろいろあります。

 

あと

 

A、まとめて最初にいくらと決まっているものと

 

B、月額いくらというタイプの二つがあります。

 

まずはA最初にいくらと決まっているタイプ

 

 

教材というのは普通1冊2000円から3000円くらいで、中学生が5教科まとめて買った場合でも数万円位に収まるものです

 

実は塾や家庭教師にはそれ専門の教材屋さんというのがあって、そこで売っている教材には値段が書かれていません。

 

なぜかというと「売る方(先生)で値段を自由に設定できるように」するためです。

 

私もそういうところから仕入れていますが普通仕入れ値で1冊1000円から2000円くらいのものです。
まあ普通の本屋さんとそれほど変わらないですよね。

 

それをまともだと2000円から3000円くらいで生徒に売るわけですから、10冊買っても2万から3万円ぐらいですよね。

 

教材がトータル10万円以上かかるとか言われたら、怪しんでもいいんじゃないでしょうか。

 

そんなもの普通は必要ありません(笑)

 

値段が書いてないし普通の市販の教材とはちょっと違うからといって騙されないよう気を付けましょう。

 

 

あと授業料が格安だな〜と思ったら、あとで高価な教材を買ってくれといわれる場合もありますので要注意です。

 

 

Bの月額いくらと決まっているタイプ

 

これは大体月額3000円から1万円ぐらいがほとんどだと思います。それ以上かかるものはちょっと高いですね。

 

 

こういうタイプの教材は市販のものよりより細かく作られているものが多く、家庭学習を促すものが多いのが特徴です。

 

うまく使えばかなりの効果が期待できます。

 

 

でも大体からして、いい教材を買ったからといって成績は上がりません。もちろん高い教材だから成績が上がるということもありません(笑)

 

 

成績を上げるために必要なのは

家庭教師料金比較3

 

 

 

先生の質=本人のやる気>>>>>教材

 

 

と考えていいでしょう。

 

 

(でも勘違いしないでいただきたいですが、教材に良し悪しはありますよ。)

 

 

私が言いたいのは、やたら高い教材はいらないということです。

 

Dその他

 

 

その他に、模試代や施設運営費などがかかったり、テスト前にはオプションで授業がふやせたりする場合もありますので、始める前にしっかり確認をしておきましょう。

 

以上の@からDまでをすべてトータルして計算しておくことが重要です。

 

まとめ

 

 

以上をまとめると

 

@授業料は安くても高くてもダメ!自分の目的に合った適正なものを選びましょう。

 

A入会金B年会費はある程度は仕方ないですが高すぎるのは×。また割引は今時どこでもやっているのでホイホイ乗らないで(笑)

 

C教材費が高すぎるものには要注意!!

 

D諸経費を含めたトータルで料金を計算しておきましょう。
                                    
となります。

 

家庭教師の料金比較表

 

 

 

ちなみにこのサイトで紹介されている家庭教師派遣会社を料金面で比較してみました。

会社名 1時間当たりの料金 1か月の月謝 入会金 会費 教材費

家庭教師のノーバス

4320円

25920円
(90分×4回)

20000円 月3240円 なし

家庭教師のガンバ

2000円

25580円
(90分×4回)
(教材費を含む)

20000円

預り金
16000円

なしも可
家庭教師のトライ 3400円〜 20475円 42000円 月4500円 なし

【Teachers Market】

2000円〜 回数等による 無料 無料 なし

家庭教師のデスクスタイル

1500円

20200円
(120分×4回)
(教材費を含む)

21600円

預り金
14000円

1教科
月3300円から

家庭教師のあすなろ

2000円〜(関東地方の場合)

21600円
(90分×4回 教材なしの場合)

21600円 預り金16000円 なし

【家庭教師のラビット】

2000円〜

12000円+税
(90分×4回)

10800円 なし なしも可

家庭教師のランナー

 

1800円〜

21800円
(90分×4回 教材なしの場合)

22000円 預り金15000円 なし

 

※料金・月謝等は公式ホームページ記載の中3生の普通のコースの場合です。
※各会社ともにこれ以外のプランが多数あります。

 

こう見てみるといろいろありますね。
でも1か月あたりのお月謝で比べるとそれほど大きくは変わらない印象です。
自分の希望に合わせた選択が重要ですね。

 

サイト管理人プロフィール