スタディサプリに対する素朴な疑問

スタディサプリ(旧受験サプリ)に対する素朴な疑問

スタディサプリ(旧受験サプリ)の評判はよく聞くけれども、実際に使ってみないとわからないことや疑問も多いかと思います。

 

ここではまだスタディサプリ(旧受験サプリ)を始めていない誰しもが思う素朴な疑問に塾の先生がお答えしていきたいと思います。

 

疑問その1 スタディサプリ(旧受験サプリ)を使えば成績がアップするの?

これは皆さんの最大の関心事だと思います。

 

答えは「YES」です。

 

スタディサプリ(旧受験サプリ)を使えば成績は上がります。

 

実際に私の教室では生徒にもすすめています。

 

そしてほとんどの生徒が満足して使っていますし成果も上がっています。

 

だから私は皆さんにもおすすめしたいのです。

 

 

 

ただしあくまでスタディサプリ(旧受験サプリ)は学校の授業の補助的なものと考えたほうがいいと思います。

 

「夜中にスタディサプリ(旧受験サプリ)をやっているから学校の授業は寝ていてもいい!」

 

とかそんな考えでは元も子もありません(笑)

 

あと「すべての科目の映像授業をやりきろう!」というのも結構無理があります。

 

ある程度絞り込んでから取り組むのが効果的です。

 

(自分で絞り込むのは難しいので指導やアドバイスをしてくれる人がいるのがベストですが・・・)

 

 

スタディサプリ(旧受験サプリ)は内容的には非常に優れたコンテンツで

 

使い方によっては無限の可能性がある優れものです。

 

ただし上手に使ってこそ効果を発揮します。

 

逆に使い方を間違えればいくら安くてもお金の無駄になることに違いはありません。

 

 

おすすめする理由は「塾の先生プロフィール」もご覧ください。

 

公式サイトはこちら
スタディサプリ

疑問その2 本当に月額1180円なの?

月額980円なの?「本当に月額980円だけなの?」

 

多くお方が気になるところだと思いますが有料会員は基本1180円だけしか、かかりません。

 

異常な安さですね。

 

テキストさえPDFで見たり印刷したりできます。だからテキストについては無料です。

 

 

本当に月々1180円(税抜き)を払うだけで基本すべてのスタディサプリ(旧受験サプリ)の機能が使えます。
他には全くかかりません。

 

あとは熱意さえあれば何時間でも何教科でも授業を受けられます。
あなたのやる気だけが試されます(笑)

 

月額980円なの?

ただしテキストを買うこともできます。

 

?無料じゃないの?

 

と思う方もいるかと思いますが、じつはどうしてもテキストになっている(本になっている)もので勉強したいという子のためにテキストも用意されていて1冊1000円前後で買うことができます。

 

ただ見るだけやPDFでプリンターから印刷するだけならインク代と紙代以外は何もお金はかかりません。

 

結局は好みの問題だともいえます。

 

公式サイトはこちら
スタディサプリ

疑問その3 スマートホンで使えるの?

スタディサプリ(旧受験サプリ)がスマホで使えるのかどうか、ちゃんと見られるのかどうか気になっている方も多いかと思います。

 

もちろん使えます!
まず映像の大きさなどが気になるところかと思いますが
実物大だとこんな感じでしょうか?

 

 

 

 

 

 

横バージョンの画像は字がやや鮮明でありませんが実際はもっとはっきり見えます。

 

そして
スマートホンで使う場合は専用アプリをダウンロードして使うことになりますので操作性も特に問題を感じません。

 

 

スタディサプリに対する素朴な疑問スタディサプリに対する素朴な疑問

 

 

上のような完全にスマホに対応した形で表示されるので操作もスムーズです。

 

動画もスムーズで全く問題ありません。

 

ただずっとスマートホンで見ているのは少し疲れるかと思います。

 

特に授業を聞きながら板書をしたりという作業も出てくるかと思いますので。

 

 

だからおうちで長時間やるときはパソコンを使われることをおすすめします。

 

いつでもどこでもできるので学校の行き帰りの時間などのすき間の時間が利用できることになります。

 

通学時間が長い人は特に便利かと思います。

 

 

あとは普通の勉強の合間の息抜きやちょっとした気分転換にもなります。

 

 

さらにアプリを使えば単語テストや一問一答なんかもできますし。

 

忙しい受験生にとってはスマートホンで使ってこそのスタディサプリ(旧受験サプリ)と言えるのではないでしょうか。

 

 

公式サイトはこちら
スタディサプリ
通学時間もスタディサプリ(旧受験サプリ) 

疑問その4 スタディサプリのテキストは?

テキスト無料ダウンロード 

テキストはすべて無料でダウンロードできます。だからダウンロードして自宅のプリンターで印刷する分にはテキスト代はかかりません。

 

テキスト代がかからないというのもスタディサプリ(旧受験サプリ)の評判がいい理由の一つだと思います。

 

 

またお金を出せば冊子になったテキストも購入できます。一冊1000円ちょっとです。

 

 

すべてを印刷してとなると、時間やインク代もばかにならないので、結局はテキストを買ってしまってもいいのかもしれません。

 

どちらをお勧めするかといえば、お試し用にまずは自宅で印刷して、気に入った講座のものは購入するというのが最も効率的だと思います。

 

 

また、どうしても本になっているものに書き込みながら勉強したい人もこれを注文するのがよいでしょう。

 

 

内容はまさに予備校の演習用の問題集といった感じです。

 ちょっと小さいですが画像は数学のテキスト例です。

 

ほとんどのテキストは教科書風ではなく、動画を見ながら板書を書き取っていったり、数学ならば演習用問題と解答用の空白があるスタイルになります。

 

だから「講義は受けずに自分はこれを使って独学で勉強を進めていく」とかそういった性質のものではありませんのであしからず。
 

 

スタディサプリ(旧受験サプリ)公式ホームページはこちらから
スタディサプリ

 

 

疑問その5 スタディサプリにテストはありますか?

スタディサプリ(旧受験サプリ)には確認テストの機能もあります。

 

ある程度授業を進めると次のような画面が表示されて確認テストが行えます。

 

スタディサプリ(旧受験サプリ)確認テスト 

 

 

 

たとえば数学の場合、上のようなマーク式の確認テストです。

 

画像は数Vのものです。

 

マーク式とはいえ、結構しっかりしたテストになっています。
日本史の確認テスト 

 

 

 

日本史もマーク式のテストが付いています。

 

こういう機能は記憶の定着のためにもうれしいですね。

 

そして全問入力を終えるとすぐに採点結果を教えてくれます。

 

採点結果 
授業の映像を見ただけで満足していてはいけません。

 

必ず確認テストを利用して自分の身になっているかどうかチェックしてくださいね。

 

スタディサプリ(旧受験サプリ)は見た映像の内容が、きちんと自分の力になるように設計されている点で優れものといえます。

 

僕の生徒でスタディサプリ(旧受験サプリ)を使っている生徒がたくさんいますが、その生徒たちの評判も上々です。

 

スタディサプリ(旧受験サプリ)の公式サイトはこちら↓
スタディサプリ

疑問その6 無料会員と有料会員、どっちがお得?

スタディサプリ(旧受験サプリ)には有料会員と無料会員があります

どちらの会員になればよいのか迷っている方も多いと思います。

 

 

じつはスタディサプリ(旧受験サプリ)はまずは無料会員の登録をしないで、いきなり有料会員になるということができません。

 

 

まず二つの違いなんですが要は映像授業が見れるか見れないかという違いだけです。

 

スタディサプリ(旧受験サプリ)の映像授業は評判もいいですが、有料会員登録をしなければ見られません。

 

 

大学資料

 

 

「スタディサプリ(旧受験サプリ)(有料会員)を使ってみました」
のページにもありますが有料会員と無料会員の利用できるコンテンツの違いを表にしたものです。

 

できること

有料会員

無料会員

過去問の閲覧

センター模試

センター問題集

大学検索

受験プラン

暗記カード

講義の受講

×

 

違いは表でもわかるように明白で映像授業が見られるか見られないかということだけです。

 

が、スタディサプリ(旧受験サプリ)の醍醐味である映像授業が見られるか見られないかというのはとても大きな違いです。

 

というか全くの別物といってもいいでしょう。

 

映像授業の充実ぶりは本当に感心するばかりです。これで月額980円は異常と言っていいと思います。

映像授業に関しては当サイト
「塾の先生が映像授業を受けてみました。」もご参考に。

 

 

現在お試しで1か月は無料で有料会員になれます。

 

公式ホームページはこちらです↓
<スタディサプリ(旧受験サプリ)>講義動画で苦手を克服!今なら1カ月お試し無料!

 

 

無料会員の登録をしてからの、有料会員登録は手続き的には非常に簡単ですので迷う方は少ないでしょうが、詳しくは「スタディサプリ(旧受験サプリ)のはじめかた実況中継」をご覧ください。

 

少しでも授業を受けてみたい方は有料会員になってしまったほうがあれこれ迷うよりはお得だと思います。

 

 

でも実は僕は無料会員から始めています。というか僕が始めた当時はかなり初期の段階でしたので無料会員しかありませんでした(笑)。

 

「無料の過去問にしか興味がない!」ときっぱり言い切れる方(笑)は無料会員のままでいいと思います。

 

疑問その7 授業のレベルはどうなの?

スタディサプリ(旧受験サプリ)はやってみたいけど

授業のレベルは選べるの

 

「授業のレベルはどうなの?」
「自分に合うの?」

 

という子は多いと思います。

 

実際のところ

 

授業はいくつかのレベルや用途に分けられているので安心して受けられます。

 

レベル分けは
スタディサプリ(旧受験サプリ) レベル分け 
このようになっています

 

 

用途というのはセンター対策であったり、各大学の入試対策用の授業であったりということです。

 

だから授業の種類は非常にたくさんあります。

 

はっきり言い切りますが、全部受講するのは不可能です。

 

というか非効率的です。

 

 

だからこのサイトのレビューなども参考にある程度絞り込んで受講することをおすすめします。

 

とはいっても評判のいい先生が多いので絞り込むのはとても迷うかと思いますが・・・

 

詳しくはこのサイトの「塾の先生が映像授業を受けてみました。」などをご覧ください。

 

 

数学の場合通年講座だけで

 

トップレベル(難関入試レベル程度)
ハイレベル(入試レベル程度)
スタンダードレベル(基礎レベル程度)

 

の3つのレベルがあります。
※難関入試レベル程度等はあくまで塾の先生の主観的な評価です

 

そしてそれぞれのレベルのTA・UBとVがあるので単純にいっても6つの講座に分かれています。

 

そしてそれぞれの講座に1時間前後の授業が50回程度(1回の授業はさらに3つのチャプターに分かれています)あります。

 

これをすべて受けようと思えば受けられるのですが、忙しい受験生にとっては気の遠くなる話ですので、必要な部分を選択して受講することになります。

 

そしてこれに加えてセンター対策や難関各大学対策用の授業もありますので、まさにより取り見取り、いくらでも授業の選択肢はあるわけです。

 

詳しくは
公式サイトでも確認できます。
スタディサプリ

疑問その8 定期テスト対策に使えるの?

定期テスト対策スタディサプリ(旧受験サプリ)は定期テスト対策に使えるの?

 

と、聞かれたら私なら条件付きで

 

「YES」と答えます。

 

スタディサプリの名前はもともとは「受験」サプリでした。

 

「定期テスト」サプリではありません。

 

基本的にスタディサプリは「受験」=「入試」なので大学の入試問題に照準を合わせて授業が行われています。

 

だから学校の定期テストでは扱わないようなレベルの問題や内容がたくさん含まれています。

 

特にトップレベル・ハイレベルの授業ではその傾向が強いと思います。

 

 

 

学校の定期テストは基本的に学校で使っている教科書やワークの限られた範囲から出題されるものです。

 

習ったことの確認テストの意味合いが強いといっていいでしょう。

 

だから学校の教科書やワーク、先生の取り扱った問題をしっかり復習することが一番の対策になります。

 

 

かといって、定期テストの対策に使えないわけではありません。学校の授業

 

上手に使えば十分に定期テストの対策にも使えるでしょう。

 

どういうふうに使うかというと、いくつかの使い方が考えられます。

 

 

数学の場合

 

数学の場合はスタンダードレベルが一般的な学校の定期テスト対策に一番近いでしょう。

 

ただし1から順番に視聴していくのではあまりにも効率が悪いので、

 

 

まずはテキストをダウンロードして自分のわからないところと照らし合わせてみてください。

 

 

そしてわからないところと同じまたは似たような問題だけをピックアップして、その解説をしているチャプターだけを見ていくほうが効率がいいでしょう。

 

つまりあくまでわからないところを解説してもらう補助的な役割をスタディサプリ(旧受験サプリ)にやってもらう感じです。

 

メインは学校のワークなどを解くところに置いたほうがいいと思います。

 

 

「学校の授業が全然わからない」「わかるところが全くない」場合は、仕方がないので1から順に見ていくのも一つだと思います(笑)。

 

 

 

国語の場合

 

 

国語の場合現代文と古文・漢文に分かれます。

 

小柴先生の現代文の授業はかなり入試に特化した読解法を教えてくれる授業ですので、残念ながら定期テスト対策には向いていません。(長い目で見れば大変力になると思いますが・・・)

 

 

古文は文法編がかなり使えるかと思います。特に助動詞の識別などの単元はおすすめです。

 

漢文も句形の用法の説明が中心になっていますので十分定期テストに使えるでしょう。

 

 

理科の場合

 

 

化学や物理も、数学と同じようにレベル分けがされているので、基本スタンダードレベルでいいかと思います。

 

使い方も数学と同じようにわからない部分の補助として使うのがいでしょう。

 

 

社会の場合

 

社会は基本暗記科目なので教科書をしっかり読むことが重要です。特に定期テスト対策としては教科書メインでいいと思います。

 

そして暗記につかれたときや、頭の中を整理したいときにスタディサプリ(旧受験サプリ)の授業を受講するのがいいと思います。

 

特に世界史・日本史の「通史編」は各先生方が全体の流れを中心に授業をされています。

 

教科書ではわかりづらい大きな歴史の流れ整理するのに使いましょう。

 

またあらかじめざっくり見ておいて流れを把握したうえで、細かいところまで教科書で暗記していくのもおすすめです。

サイト管理人プロフィール