高校受験対策に家庭教師をつけるときの注意点。

高校受験のために家庭教師をつけるときの注意事項

高校受験の対策として家庭教師を付けるかたは多いと思います。

高校受験と家庭教師1

 

 

そんなときの家庭教師の選び方や注意点はどんなことでしょうか?

 

 

家庭教師の派遣会社を料金などを見比べて、選ぶ場合は

 

家庭教師の派遣会社の料金を徹底比較!

 

もご参考にしてください。

注意すべきなのは「地元」かどうか

高校受験に関して言うと

 

「中学受験対策に家庭教師を付ける時の2つの注意点」

 

のページで述べたほど特殊ではないのですが、

 

気を付ける点はあります。

 

 

 

それは先生が「地元」かどうかです。

 

 

公立高校の入試制度というのは基本的に各県の教育委員会が決めています。

高校受験と家庭教師2

 

よって47都道府県によって入試の制度が違うのです。

 

もちろん私立高校は学校によって入試の問題や制度が違います。

 

 

ということは

 

高校入試は地方の特色が出やすい試験なんです。

 

 

だから、他県出身の先生では入試の制度を全く知らないなんてこともよくあることなんです。

出題傾向は県ごとに違う

まず公立高校で出題される問題は各都道府県ごとに違います。

 

だから、出題傾向も、出題形式も各都道府県ごとに違うわけなんです。

 

 

 

ある県は100点満点だったり、またある県では50点満点だったり。

高校受験と家庭教師3

 

 

国語の作文が必須だったり、英作文の配点が高かったり。

 

 

数学では証明の記述問題が必ず出たり

 

 

作図でコンパス定規が必要な県もあります。

 

 

 

要は各都道府県ごとに違うから、その県の問題形式にはその県出身の人が詳しいというわけです。

県外出身の先生でも

 

まだ普段の勉強を教えてもらうには差支えがないかもしれませんが、いざ受験となって

 

 

「進路を迷った。」

高校受験と家庭教師3

 

 

「こっちの学校とあっちの学校どっちがいいの?」

 

 

「私の成績で志望校に行けるの?」

 

 

なんて困ったときに、相談ができません。

 

 

同じ公立高校の試験でも、前期で受けるか後期で受けるかによって科目数が違うなんてこともザラにあります。

 

 

「家庭教師の先生に対策してもらっていた社会や理科は実は必要なかった!」

 

 

なんてことが起こったら笑えませんよね。

 

 

 

その点地元出身の先生であれば、自身の経験をもとにアドバイスをもらえますので、安心できます。

 

 

まとめ

 

高校受験対策は地元出身の先生で

 

サイト管理人プロフィール