共通テスト対策に家庭教師をつけるのはアリ?

共通テスト対策

共通テストは受験生にとって大きなウエイトを占める大切な試験です。

 

現役生にとっては高校3年間の勉強の集大成。

 

そんな試験なので、何とかして1点でも取りたいと思う人はたくさんいるでしょう。

 

では、共通テスト対策に家庭教師に頼むのはどうなんでしょうか?

 

 

 

共通テスト対策と家庭教師2

共通テストの特殊性

共通テスト対策を考える時期というのは多くの場合高校3年の秋くらいではないでしょうか?

 

そうすると時間的にはあと数か月しか残されていません。

 

そんな時に家庭教師に頼むのは、リスクが高すぎるように思います。

 

 

家庭教師というのは当然一対一の授業なので

 

先生との相性がとても重要です。

 

また先生の実力がどれくらいあるのかも正確にはわかりません。

 

現在の家庭教師派遣サービスというのは

 

先生の変更もOKのところがほとんどですが、

 

あと残り数か月で何度も変更しているわけにもいきませんし

 

そんな余裕もありません。

 

万が一のことを考えると、とても怖い選択だといえると思います。

 

 

私の塾でも

 

「2か月間で共通テスト対策をしてほしい」

 

と言って頼まれることがありますが、

 

正直言って、その短期間で結果を求められることになるので、

 

必死の覚悟で引き受けます。

 

何十年もやっていても、そうなのですから

 

学生の先生が的確に指導方針を決めて

 

的確な指導をすることは非常に難しいといえます。

 

共通テスト対策と家庭教師3

塾や予備校がよい?

こういった共通テスト対策は

 

定評のある塾や予備校に任せたほうがリスクという面では少ないかと思います。

 

 

塾や予備校で教えている先生はある程度経験のある方がほとんどですし、

 

特に共通テスト試験は特有の傾向があります。

 

だから共通テスト対策はコツみたいなものを教えてもらったほうが

 

効率よく勉強できるのです。

 

プロの家庭教師に頼みましょう!

どうしても共通テスト対策のために家庭教師を頼む場合は

 

プロの家庭教師に頼むようにしましょう。

 

それも何度も共通テスト対策をやったことがある方にお願いしたほうがいいとおもいます。

 

まあそういった先生は値段も張ることを覚悟しなければなりませんが・・

 

 

派遣会社に頼む場合はまず、そういった注文を受けてくれるのかどうかを聞いてください。

 

そうでないと学生の先生に運任せでお願いすることになってしまいますよ。

 

共通テスト対策と家庭教師

まとめ

共通テスト対策で家庭教師を頼むのは

 

極力避けたほうがいいと思います。

 

理由はリスクが大きいから。

 

相性が大切な家庭教師は

 

共通テスト対策のような短期間の指導には向いていません。

 

 

どうしても頼みたいときは

 

高くても、プロの家庭教師にお願いしましょう

 

 

 

 

 

 

大学・専門学校に資料請求するだけで図書カード1000円がもらえるサイトを発見しました。

 

そのサイトはスタディサプリ進路」とマイナビ進学

サイト管理人プロフィール