【重要】家庭教師派遣会社には2種類ある

家庭教師派遣会社には大きく分けて2種類あります。

家庭教師派遣会社と一口に言っても

家庭教師の2つのタイプ

 

その中身は大きく分けて2種類あります。

 

 

その二つというのは

 

@講師料で稼いでいる

 

A教材費で稼いでいる

 

です。

 

 

たくさんある家庭教師派遣会社も大別するとこの2つになります。

 

 

これをよーく理解しておかないと、

 

家庭教師選びを失敗することにもなりかねませんので注意してください。

@講師料で稼いでいる会社

家庭教師の2つのタイプ

一つ目は講師料で稼いでいる会社です。

 

要は家庭教師に払う講師料に会社のマージンを上乗せしてその差額を稼ぎとしている会社です。

 

 

こういう会社の1時間当たりの授業料は

 

家庭教師本人の取り分 + 会社の取り分

 

になりますので、必然的に高くなります。

 

しかし、教材に関してはこちらの希望を聞いてくれるので、好きな内容で進めやすくなります。

 

A教材費で稼いでいる会社

一方で教材費で稼いでいる会社もあります。

家庭教師の2つのタイプ

 

授業料自体は

 

ほぼ家庭教師の取り分だけなので一見、安く見えるのですが、

 

その分、教材費が高く設定されています。

 

 

中には異常に高い教材費を一括で要求される場合もありますので

 

そのあたりには注意が必要です。

 

 

 

納得さえいっていればいいのですが、

 

頼んでみたのはいいものの、辞めておけばよかったということになりかねませんからね。

 

 

どちらかというと、こちらのタイプの派遣会社の方があとあともめていることが多いような気はしますね。

 

 

 

ただ教材の内容に関してはいいものも多いようなので、

 

体験などの際に見せてもらって教材費に見合うかどうかしっかり見極めましょう。

講師料か教材費どちらかが高い

どちらの系統にしても

 

結局は月額で見ると同じようなお月謝になります。

家庭教師の2つのタイプ

 

まあ家庭教師の派遣会社も何かしらで利益を出さないことにはやっていけませんので

 

これは仕方のないところです。

 

 

なので、あとは

 

講師の質

 

講師の研修

 

サポート体制

 

などがどれだけ充実しているかどうかということになってくるでしょう。

 

 

くれぐれもあとで後悔することのないように

 

ご自分のお子さんに合ったスタイルで勉強できるように

 

慎重に選ばれることを、お勧めします。

 

まとめ

まとめ

 

どちらにしても月謝にすればそれほど変わりはありません。

 

部分的な安さに飛びつかず

 

他の部分で見極めましょう。

 

 

 

家庭教師を選ぶ場合はこのサイトのページ
家庭教師派遣会社の料金を徹底比較!
をご参照ください。

 

サイト管理人プロフィール