家庭教師選びでよくある失敗6つ

家庭教師選びでよくある失敗

「家庭教師を頼んで失敗した!」

 

と後悔したいという人はいないと思います。

 

でも家庭教師を頼んで失敗した例はたくさんあります。

 

 

失敗例をたくさん学んで、確実に成績アップにつなげましょう。

 

 

 

家庭教師失敗例

失敗あるある その1 教材費が思っていたより高い!

「家庭教師は授業料さえ先生に払えばいい」と

 

思っている方いませんか?

 

 

家庭教師を頼んでみたはいいがそれ以外の教材代が高い!

 

 

とおっしゃる方が後を絶ちません。

 

 

「教材費って数千円じゃないの?」と思っている方がいれば

 

 

それは当たっているともいえるし、大きな間違えとも言えます。

 

 

家庭教師派遣会社の教材費は本当にピンキリなのです。

 

高いところは月々数千円で何十回払いとか合計すると

 

数十万円というのもざらにあります。

 

 

ではなぜそんなに違うかといえば

 

家庭教師派遣会社には2種類あるにもある通り

 

利益の構造が会社によって違うからです。

 

 

後悔しないためにも

 

契約時にはくれぐれも

 

教材費がトータルいくらなのかよーく考えて契約を結ぶようにお願いしますね(笑)

 

 

家庭教師失敗例2

失敗あるある その2 サポートがない

家庭教師の先生と保護者や生徒の間を結ぶのが派遣会社のサポートです。

 

でもこのサポートがしっかりしていない派遣会社がたくさんあります。

 

 

塾や予備校に通っていても同じことですが、

 

「予定を変更したい」

 

「授業の回数を増やしたい」

 

「先生を変更してほしい」

 

など相談したいことはたくさん出てきます。

 

そんな時にサポートがしっかりしていないと

 

勉強をを始める前にストレスを感じることになります(笑)。

 

 

お金を払ってストレスを感じているのではたまったものではありません。

 

家庭教師失敗例3

失敗あるある その3 営業がしつこい

家庭教師の営業もいろいろありますが、

 

よく聞く例としては

 

「無料体験を頼んでみたはいいが

 

契約をするまで帰ってくれず、

 

結局根負けしてハンコを押させられた。」

 

という失敗例です。

 

 

家庭教師の営業は口のうまい人の代表みたいなもので、

 

本当に親身になってくれる方もいますが、

 

口先だけの人もたくさんいます。

 

 

それこそなかなか見わけは尽きませんが、

 

基本的にはほかの会社のことを悪く言う人や

 

あまりにも大きなことを言う人には注意しましょう。

 

 

家庭教師失敗例4

失敗あるある その4 先生と合わない

家庭教師は基本マンツーマンですので

 

なんといっても先生との相性がとっても重要です。

 

子供の気持ちというのは本当に先生との相性に大きく左右されます。

 

「この先生に教えてもらっていると楽しいな」

 

「もっと勉強したいな」

 

と思える先生でなければ、成績というのは上がってきません。

 

「この先生嫌だなー」

 

「なんかつまんないな」

 

と思いながら授業を受けるのは苦痛以外の何物でもないのです。

 

 

 

ただし今は先生の変更は何回でもできる家庭教師派遣会社がほとんどです

 

変更できれば特に問題ないかと思いますので、

 

最初の契約の時点でよーく聞いておきましょう。

 

家庭教師失敗例5

失敗あるある その5 そもそも先生が紹介してもらえない

うそのようでホントの話ですが

 

「派遣会社に頼んだはいいがいつになっても先生の紹介がない」

 

という話をよく聞きます。

 

 

「その会社やる気あるの?」

 

と思ってしまいますが、

 

先生の登録数が少ない地域ではちょいちょいあることのようです。

 

特に小さな会社ではありがちです。

 

 

地方にお住まいの方で人口密集地ではないところにお住まいの方は

 

特に気を付けたほうがいいかもしれません。

 

家庭教師失敗例5

サイト管理人プロフィール